足の疲れ解消ネットでは、
足の疲れに関するお役立ち情報の提供をしています。

足の疲れ解消館

足の疲れ解消の情報

足の疲れに効く療法①お風呂1

疲れた時、あなたが真っ先に思い浮かべることって何でしょう?


「寝転びたい~」

「マッサージしてもらいたーい」

 と、思う人もいるでしょう。また、

「お風呂に入りたい」

と思う方もいるでしょう。


疲れた時に、お風呂というのは、これはとても理に適っています。というのも、お風呂に入ることによって、体内の疲労物質を体外に出せるからです。


 だから、足が疲れて痛むときに、「お風呂に入る」というのは、疲れ解消にはオススメというわけです。今回は足の疲れに効く「入浴療法」=「お風呂療法」についてお勉強しましょう。

足の疲れに効く療法①お風呂2

普段のお風呂で、足の疲れに効果があるのは分かった。じゃあ、休日の日に思いっきり足を癒せるスペシャルなお風呂療法っていうのもあるんじゃない?と思われた方。お目が高い!


日本人が愛してやまない、温泉でのお風呂療法はいかがでしょうか?(湯治っていいますよね)日本は質のよい温泉がたくさんあります。あなたの近場でも、足の疲れに効く温泉はきっとあるはず。日帰りでも一泊でも、場所を変えてお風呂に入れば、気分もリフレッシュ、気持ちも足の疲れもきっと癒えることでしょう。

足の疲れに効く療法③光療法1

忙しい一日が終わって、ああ、やれやれ。寝るのが楽しいと思われている方。本当にお疲れ様でした。ごゆっくりお休みください・・・


あれあれあれ 眠れない 疲れすぎて、眠れないのかなぁ

 そんな経験されたことありますか?


実は最近、疲れているのに眠れないという方が増えているのだそうです。その中には、眠ろうと思って横たわると足が気になるという方もいるのだとか。


足の疲れに効く療法③光療法2

「光療法」は、正式には、高照度光照射療法といわれ、2,500ルクスから3,000ルクスの蛍光白色光や0,000ルクス 前後という強力な照度を実現した蛍光灯や太陽自然光灯を、人間の身体に当てるということが行われます。

先ほどの述べたような、体内リズムを整えて、睡眠の質を高める効果もありますし、時差ボケ解消や、季節うつ(日射不足により、秋・冬にうつになりやすくなる)の予防、自律神経失調症にも効果が期待できます。

足の疲れに効く療法②カッピング療法

「カッピング」という言葉をご存知でしょうか?
知らないよと言う方でも、実物を見たら、「ああ!」と膝を打たれるかもしれませんね。日本語では
吸い玉療法とも言われ、昔から行われている療法です。


電球のようなガラスの丸いものを温めて、背中やふくらはぎなど、身体の疲れているところ、血行をよくしたいところにつけます。ガラスの中は真空になっているので、ガラスの口から、皮膚が吸われて、ピタッとガラスが皮膚に吸着し、直後にはコップで押し付けたみたいに赤い輪がぽこっとできます。(しばらくすれば消えますが)


 

足関連ニュース情報


TOPPAGE  TOP